無料
エロ
動画

やっぱりモテル男は、ワルの雰囲気がある!?

【オトコ魂】イケメンは下流オトコに多い?
http://news.livedoor.com/article/detail/3355672/

確かに歌舞伎町で女を連れている友達を見るとカッコいい男が多いかもしれない!まあ場所柄もあるけど、ワイルドな感じがモテルみたい!これが、赤坂とか六本木あたりになると違う気もするけどね!キャバ嬢をみていても歌舞伎町・六本木・池袋あたりは、みんな特徴がある。特に六本木あたりは、名詞の肩書きをしっかりチェックしてるしね・・・個人的には嫌いだ・・・その点、出会い系は、簡単とは言わないけど、やり方さえ間違えなければ会える確率が高いからね!無料出会い系サイト体験談!直アド交換で会えた!とか参考にしてみるといいかも!会える秘訣が満載!

↓記事内容はここから------------

ここ数年「セレブ」、「上流」がもてはやされている。たしかに彼らはお金をもっているという違いがある。しかし、それ以外で、上流オトコと下流オトコの違いとは、どういうところにあるのだろうか。

横浜のキャバクラから銀座のクラブまでを渡り歩いた経験のあるホステス香奈子さん(28)は語る。「まず、女性への口説き方が違います。上流オトコは、よくデートに誘います。フェラーリとか、BMWに乗って郊外に行くんです。それで車を止めて、モゾモゾと『好きだ』とか、『前から気に入っていた』とか、『今夜どこかで一泊できないか』と告げてくるんです」

では、下流オトコはどうなのだろうか。香奈子さんはつづける。「下流オトコは違いますね。店内とか、あるいは一歩外につれだした途端に『オレの家に泊まりに来いよ』となります。すごい人だと『おれのアソコはすごいから見に来いよ』とか言います。肉体的なんですよ」

上流オトコはモノを武器として女性を釣ろうとしながら、意外に奥手なところがある。一方、下流オトコはモノがない以上、肉体を武器に女性を手に入れようとする大胆さがあるようだ。

香奈子さんの同僚の、ミナさん(26)は次のように言う。「正直、イケメンって下流男に多いですね。お金がないから、肉体を武器にしようとするんです。いい格好をして、大胆に攻めて、全身でぶつかってくる。けど、上流オトコはモノで口説けると思い込んでるの。だから、外見のセンスがないし、いざとなるとウジウジして話が先に進まないんです」

では、女性は「モノに頼る奥手の金持ち」と「大胆な肉体派の貧乏」のどちらをとるのか。
むろん、女性の性格にもよるが、香奈子さん、ミナさんの勤めるクラブのホステスたちは一様に次のような結論をだす。

「上流オトコとはお遊び。本命は下流オトコ。だって、大胆で肉体派の方がずっと魅力があるから。大体みんなそうしているわよ。『デート』と『セックス』を分けているの」

しかし、男と女の付き合いには、結婚という終幕がある。それについては、どう考えているのだろう。「結婚とか現実問題になると、最後は上流オトコに流れちゃうのかな。生活は安定させたいもん。けど、浮気すると思うわ。下流のオトコとね」

↑記事内容はここまで------------

【2012/03/11 10:09】 出会い系その他 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

風俗嬢は男を見極める目があるけど、自分の彼氏候補にはその眼力が働かないかも!

【オトコ魂】風俗嬢に聞くもっとも扱いやすい男性の年齢とは?
http://news.livedoor.com/article/detail/3693513/

歌舞伎町で遊んでいたこともあるけど風俗嬢の友達は意外といた。といっても飲み友達だから、『ヤル』とかではないわけ!そもそもプライベートで『ヤル』とか考えられている友達なんか面倒だしね!普通の飲み友達として接していたわけ!しかも、夜の友達って職業とか聞かないから、何をやっているか分からない友達が多かった!まあ風俗嬢といっても、素は普通の女の子!ただ、暗い過去を持っている女の子が多かった!中絶したとか、ヤクザの彼氏のために働いているとかね!そんな女の子が多かった気がする!

↓記事内容はここから------------

20代前半の風俗嬢にインタビューをする際、記者が必ず相手に聞くのが「どのくらいの年齢層の男性を相手にするのが得意?」という質問である。

その「得意?」という質問なのだが、受け取る女性によっては、どうやら、「あしらいやすい?」というのと、「やりやすい?」という、微妙にニュアンスの異なる2つの意に置き換えられているのだということが判明。全く記者も意識していないところだっただけに、驚いた次第なのである。

要するに、「適当にやっても何も言われずにラクチンな年齢層は?」というのと、「安心してお相手が出来る年齢層は?」という、2つの質問に変換されるわけなのだが、笑っちゃうことに、どちらにしろその回答は「30代から40代」となっていて、同年代と答えるコはほとんどなく、50代もOKというコはボチボチ。

まあ、要は多少遊びなれている男性のほうが、自分を丁寧に扱ってくれるし、無理は言わない、ということらしく、自分のペースで無理なく仕事を進めていけるという意見がほとんど。20代はガツガツしているからコントロールが利かないし、50代だと歳が離れすぎて会話が弾まない、ということらしい。とにかく、彼女たちにとって「30代から40代」の男性というのは「都合良く稼がせてくれる相手」には相違ないわけで、「多少手を抜いても、ニャンと甘えれば笑って許してくれる」素敵な王子サマなのだそうだ。

しかし、そんな話を聞いても、39歳の記者はあまり悪い気がしなかった。なぜなら、仕事を離れた時の交際相手としても、「30代から40代」男性への支持率は高く、その理由として、「優しく扱ってくれる」とか「一緒にいて安心できる」というものがほとんど。他の世代の男性からは、比べものにならないくらいの高支持率を誇っていて、中には仕事中に擬似恋愛めいた感情を抱いてしまうという風俗嬢もいるというのだ。

池袋の某風俗店勤務のBちゃんは、21歳の小柄な女のコ。
「プライベートで付き合う人は、いつも35歳くらいなんですよね。狙っているわけじゃないんですけど…そういう人が好きになっちゃうし、そのくらいの人を惹き付ける方法を知ってるから…」なんて、屈託なく笑う彼女。

「35歳くらいの人って萌え系が好きな人が多いけど、メイドとかアニメとかみたいにストレートな萌えに対しては、どこか照れみたいなものがあるんですよね。だから、私、あからさまじゃない萌え系になるように心がけているんですよね。髪型とか、ファッションとか、たぶん昔のアイドルみたいな…これが、35歳の男性にモテる秘訣かも」

なるほど…確かに、それっぽい…が、それが必ずヒットするとは…。「そういうファッションを身に着けるようになったら、お客さんにも大ウケ。常連さんのほとんどが、そのくらいの年齢の人になっちゃった。みんな優しい人ばっかりで、私もすごくやりやすくなっちゃいました」

あらゆる方面において、恋愛対象として注目を集めている「30代から40代」の男性。実は、もっとも扱いやすい「都合の良い男たち」なのかもしれない。

↑記事内容はここまで------------

【2011/12/01 10:09】 出会い系その他 | TRACKBACK(-) | COMMENT(1)
top>>

キャバクラ嬢をお持ち帰りしたことは無い!あれは絶対嘘だと思っているけど・・・

【オトコ魂】キャバクラ嬢”お持ち帰られ”物語
http://news.livedoor.com/article/detail/3748047/

歌舞伎町のキャバクラは散々行ったけど、『やれた』試しはない!ただ、いい関係になった事はあるけど、すぐに切れた!ちょうどアフターが創刊された頃かな?あの頃の歌舞伎町が一番楽しかったような・・・でも『おかまバー』ならお持ち帰りもあった!

↓記事内容はここから------------

言うまでもなく、世の男性をキャバクラに向かわせる多くの理由は"お持ち帰り"だろう。酒の席、しかも相手がセクシーなドレスを纏った女性となれば食指を動かさずにいられまい。とはいえ、相手は接客のプロ。さんざん通った挙げ句、軽くあしらわれたなんて話は枚挙にいとまがない。ではキャバ嬢たち、どんな男性にナビくのか。どんな状況ならカラダを許すのか。今回は2人の現役キャバ嬢にご登場願い、彼女たちの”お持ち帰られ”体験を伺った。

「過去に2回あります。ひとりは24才のサラリーマン。もうひとりは34才のデザイナーでした」

こう話すのは、都内で働くキャバ嬢・ミキさん(仮名・22才)キャバ嬢歴は1年半。それは働きはじめて1年が過ぎた頃だったという。

「最初はフリーで来てくれて、仲良くなって指名で来てくれた2回目の時に…。彼のことが好きになって、私からアフターに誘いました。ゴハンを食べて、酔って、「どこに泊まろうか」みたいな自然な流れで彼の家に…」

好きになったポイントは、どうだろう。

「話が合ったっていうのと、見た目もストリート系で好きなタイプだった、という感じですね。仕事なのにただただ、楽しかったというか。ちょうど当時、付き合っていた彼氏に飽き飽きしていた時期で。2回目は私が仕事ですごく落ち込んでいる時でした。タイミングもありますね」

また、キャバ嬢歴2年の・アオイさん(仮名・23才)はこう話す。

「私は過去に3回くらいあるかな。印象に残っているのは見た目はぜんぜんタイプじゃないフツーのサラリーマン風だけど、経済力があって一緒にいて安心する29才の彼。最初は私からアフターに誘いました。働き始めて8ヶ月くらい過ぎた頃にフラリと遊びに来てくれて、何回かアフターしているウチにそういう関係に…。彼はすぐに手を出して来なかったので『誠実な人なんだなぁ』って」

ふたりはこう口を揃える。

「いつもは『行かないとまた来てくれない』と思い嫌々だけど、気に入れば自分からアフターに誘います。めったにないけど、一年に何回かは…。普段、彼氏を選ぶのと同じような感覚ですね。彼氏がいないコで好みの人が来れば恋愛対象になるだろうし。キャバ嬢といっても、女ですから」

注目すべきはおふたりさん、供にキャバクラ歴1年程で初めて客と大人の関係になり、それも自分から誘っている点だ。

「キャバクラでの恋愛は、ない方が多いけどたまにあります。女のコからアフターに誘うってことは嫌じゃないってことです。まあ、そういう営業のコもいるかもしれませんけど」

ちなみにアオイさん、キャバクラで出会ったその彼と現在進行形で真剣交際して約半年。将来は結婚を意識する仲だという。

↑記事内容はここまで------------

【2011/11/17 06:58】 出会い系その他 | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>
close